既卒として正社員に入社した人を見て。

私はパートとして働いていますが、意外と、既卒として入社した正社員の方が、優秀だったりします。新卒で入った人よりも、色々なことを知っているし、マナーもきちんとしています。恐らく、アルバイトなどで身につけた知識をフル活用しているのだと思いますが、仕事は早く、割とあっさりと作業をこなしていっています。反面、未経験者よりは経験者の方がスムーズに仕事を進めることができるのですが、自分のこだわり、というか自分のやり方をどうしても捨てられない、という人も多いようです。企業には二種類の人材を求める傾向が有り、一つは素直な人材を求めている企業、もう一つに、経験者や技術者など、即戦力として人を使いたい企業があります。自分がどのタイプに該当するかをしっかりと見極め、自分に合った企業を見つけることが大切なのかな、と思います。

既卒の者にもチャンスを!

日本の雇用制度の大きな特質の一つは新卒一括採用にあります。これは企業の側が新卒者を一括採用して、その後、社内で育てていくというシステムです。ある意味、合理的な面もあります。それはまだ本格的に仕事をしたことがない新人ということで、条件はまったく同じ人たちを採用します。ですから研修なども同じゼロの状態の新人ということで扱いやすい面もあるのです。それに採用する側も新卒者をリクルートするほうがやりやすいのです。そうした新卒一括採用が定着している日本では既卒の者は非常に苦戦を強いられます。最近では第二新卒まで新卒として扱うことが提唱されていますが、なかなか採用は厳しいというのが現実のようです。しかし、新卒者も既卒者もポテンシャルはそれほど変わらないはずです。既卒者にもチャンスが与えられる社会になってもらいたいものです。

既卒者が増えている問題

以前から日本では既卒者が増えています。専門学校や大学に行って卒業しても就職先がなかなか見つからなくてそのまま就職できなかった人が増えているのです。つまりフリーターです。これが1つ社会の問題になっていて改善していかなければならないです。多くの人がアルバイトや派遣社員として働いていますけど正社員と比べると待遇があまり良くないですので生活に困っている人も多いです。なぜ、既卒者が増えているのかといいますと1つは雇用状況があまり良くなかったというのがあります。あまり景気が良くなかったですので正社員を募集する企業が減ったり、正社員の数を減らしたりして新しい人材を雇うのを控えめにした企業も多かったのです。今では大手企業を中心に少しずつ改善していますけど、まだ中小企業はそこまで正社員を雇うのに積極的ではないですので早めに景気回復が必要です。