思う事

今、日本はあまり景気が良くなく転職をする人も増えてきています。
しかし、いざ転職をしようとしても年齢の問題などでなかなか就職することができない状況であると思います。
又、今は資格がとても重要なので、資格を持っていないと、どんなに仕事ができる人であっても、不利になってしまいます。
やはり、会社がまずみるのはその人が持っている資格を重要なので、その資格がない人はたとえ知識があったとしても、採用してもらえるのは厳しい状況です。
ですので、これからリストラや会社が倒産してしまう可能性も考え、とれる資格はたくさん取り、転職する際に不利にならないようにしようと思いjます。
私も一年ほど前に会社を辞め、今努めている会社に転職しました。
やはり資格を持っていないこともあり、資格を持っている人であればすぐに正職員になることができるのですが、私の場合は正職員になるまでに一年近くかかりました。
転職するときは、いつ来るのかは予想できません。
そんなためにも、今できること十分やっておきましょう。

自分のスキルを把握できる機会です。

人生を考える上で、後悔のない人生にする為には、自分の仕事に「やりがい」を感じることが大切です。
仕事をしていて達成感・充実感を感じない時は、転職するという選択肢もあります。
転職を考える時、自分のスキルを整理して自己分析・評価する事が大切です。
仕事上のスキルだけでなく、コミュニケーション能力・思考スタイルや性格も把握する事で、適職がわかります。
仕事において、スキルだけでなく人間関係の構築なども大切な要素になりますから、自分の能力を把握しておく事は、リスクを低減する事にもつながります。
日頃は仕事に追われて自己分析ができていない人も多いですけど、適職に出会うためには、適性があってこそ能力を発揮し、好評価を得られるものです。
異業種の仕事でも今までのスキルを生かすことで、違った角度から仕事を見ることができれば、新たな発想にもつながります。
少子高齢社会になっている現在、企業に求められている事項にも変化が出てきていますから、柔軟な発想の重要性が高まっています。